フォト
無料ブログはココログ

« 土木交通委員会の行政視察報告 仙台その3 | トップページ | 土木交通委員会の行政視察 札幌2 »

2016年7月23日 (土)

土木交通委員会の行政視察報告 札幌1

 土木交通委員会の視察、後半は札幌市です。まず交通局の東車両工場をたずね、交通局車両課大谷地研修係のみなさんから地下鉄車両の整備・研修について説明を受け、工場内を案内していただきました。

 札幌市営地下鉄はごぞんじのようにゴムタイヤです。車両の検査工場も名古屋市営地下鉄の鉄軌道の工場と雰囲気がちがいます。メンバーの関心はゴムタイヤに集中しがち。

 ヘルメットはかぶりませんでしたが、ブラタモリもどきの気分です。

ここも地下鉄というより新交通システムに近い。名古屋よりも幅広の車両で新しい路線は7両編成、一編成6両(一部路線は5両編成)の名古屋よりも輸送力が大きいのかな。

維持管理という面では、タイヤ交換は2年に1回、20万~26万キロごと。タイヤは10万円ぐらい、思ったより安いな、という声。でもレールがないので軌道関係の保守点検は鉄軌道より安上がり。すっかり定着したシステムです。鉄軌道でないため鉄道との相互乗り入れはできませんが、JRしか走っていない札幌周辺では問題なさそう。

 工場内の業務についてもいろいろうかがいました。直接、すぐに名古屋で活かすという視察ではありませんが、比較検討する対象として参考になりました。

Img_8172Img_8175

Img_8187







« 土木交通委員会の行政視察報告 仙台その3 | トップページ | 土木交通委員会の行政視察 札幌2 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1627329/66650400

この記事へのトラックバック一覧です: 土木交通委員会の行政視察報告 札幌1:

« 土木交通委員会の行政視察報告 仙台その3 | トップページ | 土木交通委員会の行政視察 札幌2 »