フォト
無料ブログはココログ

« がんばったのに残念、でもよく見ると希望の芽が・・・ | トップページ | 土木交通委員会の行政視察報告 仙台その2 »

2016年7月22日 (金)

土木交通委員会の行政視察報告 仙台その1

 7月19日~21日、名古屋市会土木交通委員会の行政視察で仙台市、札幌市に行ってきました。

 委員長というた立場で、視察先の選定にもかかわることができましたが、委員会メンバーにとって役に立つ視察だったかどうか、感想も聞きたいと思います。今回は、事前の調査票も参加メンバーにあらかじめ配ってもらいました。視察先の事業や施設について名古屋市と比較する資料です。みんな予習してくれたかな?

 仙台市では、ケヤキ並木の保存と再生についてお話をうかがい青葉通りを歩きました。仙台市が「杜の都」と呼ばれる歴史的経緯から、車線削減を含む道路空間の活用まで、学ばせてもらいました。青葉通りのケヤキは大きく高く広く、うっそうとした雰囲気に圧倒されました。戦後、植樹されたケヤキは樹齢約100年になっていますが、あまり無理やりの更新はせず、必要な範囲で若木に植え替えていました。Img_8082

 名古屋市の「街路樹再生指針」では「名古屋の顔となるシンボル並木の形成」もありますが、「計画的な更新・撤去による街路樹再生」「樹高抑制・間伐と剪定管理による樹形再生」が掲げられており、老朽化した街路樹の維持管理経費をどう抑えるか、が問題意識の中心です。どうも名古屋では街路樹は街の顔というより、やっかいもの扱いされているのでは? 地下街中心の街、車中心の車道が広い街では、良好な歩行者空間の形成に果たす街路樹の役割もちいさくかすみがち。暑い名古屋の街中を少しでも涼しくするためにも緑の果たす役割は重要です。

 杜の都らしく、建設局百年の杜推進課という正式名称の役所の方々にお世話になりました。緑のまちづくり、名古屋も負けずに頑張りたいものです。

  Img_8096 Img_8092

« がんばったのに残念、でもよく見ると希望の芽が・・・ | トップページ | 土木交通委員会の行政視察報告 仙台その2 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1627329/66629160

この記事へのトラックバック一覧です: 土木交通委員会の行政視察報告 仙台その1:

« がんばったのに残念、でもよく見ると希望の芽が・・・ | トップページ | 土木交通委員会の行政視察報告 仙台その2 »