フォト
無料ブログはココログ

« 9月議会の決算審議から 手話通訳派遣事業について | トップページ | 名港議会 まずガーデンふ頭賑わい創出特別委員会 »

2015年10月19日 (月)

9月議会の決算審議から 守山市民病院の民間譲渡後の状況について

 財政福祉委員会における病院局の2014年度決算審議で、私は守山市民病院の民間譲渡後の状況を取り上げました。

 守山市民病院が医療法人いつき会に譲渡されて2年になりますが、譲渡についての基本協定では、譲渡後少なくとも10年以上に渡って、安定的・持続的な医療を提供するために、市としても病院運営に協力していくこととされています。

 2年前の譲渡時点では、いつき会から市に提出された事業計画では、今年度中に診療管理棟(外来棟)を解体する(そのうえで新しい診療棟を建設する)ことになっていましたが、いまだにその気配がありません。

 私は、譲渡時点の計画が変更されているが、病院局には報告があったのか、地域住民には報告されているか?と質問。
 当局は、外来等の整備時期については報告を受けている。外来患者の利便性の向上を図ることや施設工事費が高騰している影響も考慮して、整備時期を検討すると聞いている。市民への報告は行っていないと思う、と答弁。...
 私は、重要な計画変更について、市民への説明すらないのは問題です。直営の東部医療センターは施設工事費が高騰していても粛々と建替えを行うのに、民間に譲渡された守山では建替えもままならない。この違いをよく認識してほしい。同時に、施設建設については、地域住民や患者の要望も活かして計画することで、病院が地域からより信頼される契機にもできる。いつき会だけにまかせず、病院局としても相応の責任を果たすことを強く求めました。

 病院局長は、民間ではいまの時期そう簡単に施設整備に手が出せない状況だ。既に売却しているので、市が直接何かできるわけではないが、いつき会と相談の上、地域住民に説明する機会を考えていきたい、と答弁しました。

 この答弁は重要です。

 説明責任をきっちり果たしてもらうとともに、地域のみなさんと新病院が力を合わせてより良い地域医療を構築できるように力を尽くしたいと思います。
 守山区でくれまつ議員が議席を回復したことで病院の状況もより議会論戦に反映できるようになりました。民営化されてもやるべきことはまだまだあります。がんばりましょう。

« 9月議会の決算審議から 手話通訳派遣事業について | トップページ | 名港議会 まずガーデンふ頭賑わい創出特別委員会 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

« 9月議会の決算審議から 手話通訳派遣事業について | トップページ | 名港議会 まずガーデンふ頭賑わい創出特別委員会 »