フォト
無料ブログはココログ

« 2015年3月 | トップページ | 2015年5月 »

2015年4月

2015年4月21日 (火)

名古屋港管理組合に全議員そろって申し入れ 軍艦入港拒否を!

 4月21日、12名の名古屋市議団は、わしの、しもおく、二名の新県議とともに名古屋港管理組合をたずね、中山港営部長に海上自衛隊の潜水艦救難母艦「ちよだ」の名古屋港入港を拒否するよう厳しく申し入れました。申し入れ全文は「20140421.pdf」をダウンロードをご覧ください。Dsc05056

 申し入れ後、あらためて近藤専任副管理者を表敬訪問。広い応接室がいっぱいに。名古屋港管理組合議会にも、4年ぶりに複数の議員を確保することになります。三河港や衣浦港の問題や県の産業政策との関わりなど、市会県会で連携して議論できるようになります。

 アジアとの貿易が伸びて、いまや名古屋港の貿易の4割は中国です。平和な環境こそ港が発展する基本的な条件、という点では認識の一致をみることができました。

Dsc05096

2015年4月18日 (土)

名古屋市議選 5から12議席へ大躍進

 4月12日投票の名古屋市会議員選挙、私は定数5の港区選挙区で5602票、三番目で四期目の当選を果たすことができました。ご支援いただいたみなさんに心から感謝を申し上げます。

 愛知県議会の空白も12年ぶりに回復できました。

 そして名古屋市議会では、上方修正した獲得目標である過去最高の12議席をほんとうに獲得し、自民(22)民主(16)に次ぎ、公明、減税日本と並ぶ第三会派に躍進しました。

この力で、掲げた公約実現にがんばります。

11156327_822955547774438_1521380538

2015年4月 1日 (水)

私の訴え(日本共産党を伸ばしていただきたい三つの理由)

 4月です。いっせい地方選挙でどうしても日本共産党を伸ばしてください。勝たせてください。伸ばしてほしいのには理由があります。Img_5304


 第一に、戦争への道をすすむ安倍内閣の暴走をくい止めるために勝たせてください。公明党はブレーキになりません。安倍首相の「わが軍」発言に対しても自民党には誰も諌める人はいないのです。ブレーキが壊れ、ハンドルは右にしかきれない、危険な暴走をくいとめる確かな力が日本共産党です。

 地方の選挙だからこそ国の悪政ストップの審判をくだしましょう。沖縄をみてください。住民が選挙で選んだ知事の話を聞こうともしない安倍内閣に、地方創生を語る資格などありません。自治体の意思を乱暴に踏みつけながら、戦争へと暴走する安倍内閣、これを支える自民公明に、地方からこそ、きびしい審判をくだそうではありませんか。

 第二に、カネで汚れた議会の大掃除を清潔いちばんの日本共産党に託してください。

 政務調査費、名古屋市会では、議員特権を批判していたはずの減税日本がいちばんいい加減な領主書で政務調査費をかすめとろうとしました。県議会では70人を超える自民・公明・民主の議員が使い方に問題あり、返金を命令されました。

 税金使った議員の海外視察もまだ行われています。一人110万円も税金を使う海外視察、四年の任期中一回はどうぞ、まるで修学旅行ではありませんか。きっぱり中止を求めます。この豪華な視察に、自民・民主・公明だけでなく、減税日本を離れた無所属の議員も、身を切る改革と言ってる維新の党の議員も、参加しています。税金使った豪華な海外視察に連れて行ってもらいながら、税金の使い方をチェックできますか?議員の税金の使い方を市民がチェックしなければならない事態、ほんとうに情けない。Img_5280

 慣例となっている海外視察は中止し、政務調査費は領収書だけなく活動報告書も市民に公開します。カネで汚れた議会の大掃除を日本共産党にさせてください。

 第三に、くらしと防災を優先する市政をつくるために、日本共産党を勝たせてください。私を議会で働かせてください。

 子どもの医療費は、公約通り、15歳まで拡大しました。保育料は7年連続値上げをくいとめています。この力を伸ばしてください。こんどは18歳までの医療費を無料化します。大人になる前に病気を治し切りましょう。これが成人の医療費を節約するうえでも重要です。学校給食を無料にします。義務教育は無償、これが憲法の定めるところ、そして給食は教育の一環ですよね、だったら無償で当然ではありませんか。学校給食無料化で子育てがんばるみなさんの負担軽減をすすめます。

 敬老パスを守り抜くことができました。高すぎる国保料も新年度は一人年額平均7千円を超える引き下げを実現しました(40から64歳の介護分含む国保料)。この力を伸ばしてください。こんどは高齢者に敬意を表し、75歳からの医療費無料化を実現します。重い介護の負担、保険料と利用料の軽減をすすめます。

 私はみなと医療生協、協立総合病院でも働いてきました。この経験も生かして、病気の時のお金の心配、老後の不安を解消するため働きます。

 いま河村市長は、リニア、リニアとおおはしゃぎ。名古屋駅前にビルやタワーを建てたり、あおなみ線にSL走らせるとか、そんなことばかりに夢中です。千メートルのタワーよりもゼロメートり地帯の防災対策こそ優先ではありませんか。

11081436_344374155766987_90566530_2 私は高潮防波堤が地震による液状化で3メートル近くも沈み込む危険性を名港議会でずっと訴えてきました。堀川の水門が津波に対応できなかった事実も調査し、追求してきました。いま水門や防波堤の補強改修工事が進められています。この力を伸ばしてください。こんどは津波・高潮から避難できる人工の高台=命山をつくろうではありませんか。

 みなさん、日本共産党が伸びれば政治は変わります。躍進した国会議員団がブラック企業規制法案を提出しました。すると法案はまだ成立していないのに政府も動き出しました。5千をこえる事業所に調査に入り是正を勧告、悪質な企業はハローワークの求人にのせない、そして問題ある企業の実名公表に安倍首相も積極的な答弁をするようになりました。若者の使い捨てを許さない、この力を伸ばしてほしいのです。

 暮らしと平和を守る防波堤として、日本共産党を伸ばしてください。議会で働かせてください。このことを重ねてお願いして、私からの訴えとさせていただきます。ありがとうございました。

« 2015年3月 | トップページ | 2015年5月 »