フォト
無料ブログはココログ

« 2014年8月 | トップページ | 2014年10月 »

2014年9月

2014年9月16日 (火)

気がつけば九月も半ば過ぎ・・・

 大手公園の盆踊り、二日目は台風の接近で中止、それ以来このブログも夏休みに入ってしまいました。フェイスブックではちょこちょこ情報発信していたのですが・・・ 

 夏休みは、秋田の生まれ故郷まで車で行ってきました。途中、南三陸町から陸前高田と被災地をたずねるなどし、故郷の北秋田市では地元の党市議とも会いました。そして復路は仙台港から名古屋港までフェリー初体験、港にかかわる者として乗ってみたかった船です。一週間の夏休み、ありがとうございました。 

 その後は、休む間もなく県党の議員研修会(なんと防災分科会では助言者役でした)、議会の行政視察、郡上への後援会旅行と家を空ける日々が続きました。 

 名古屋では、熱田区・瑞穂区・南区で市政懇談会等が続き、請願審査や所管事務調査など閉会中の委員会審議が入り、そして9月11日に市長に提出した来年度予算編成にあたっての党市議団の要望をまとめる作業が続きました。 

 9月12日、いよいよ市議会9月定例会が開会。次期市議選まで半年となりました。いろいろな分野の情報発信、がんばります。

2014年9月 2日 (火)

国保減免相談 5万円も軽減できたケースも

 8月26日、山口事務所で開いた国保減免相談。訪れた人は5名ほどでしたが大きな成果がありました。

 Kさんは商売をたたみ仕事に出るようになった方。月々の収入は10数万円ですが会社は雇用保険のみ、市民税も国保料もその収入の中から支払うのですが、国保料が年間14万140円になり、ここ数か月払えずにいました。しかも今年になり、仕事が減ったこともあり月々の収入も10万円そこそこに。

 

 お話を聞いて、所得が前年比8割以下になると該当する所得激減減免になる可能性があると判断して、会社からの給料明細をそろえて区役所保険年金課へ行きました。

 窓口でそうだんしていると、Kさんは前年度の所得が100万円をわずかに切るので、法定の2割減額(これは自動適用される)には当たらないが、名古屋市独自の均等割2割減免(低所得者減免)にも該当するとのこと。その場で申請しました。

 給料明細から今年の所得を予想すると前年の8割以下に減ることも想定できたので、所得激減減免に該当するとのことでした。

 この二つの減免で合計5万6810円保険料が下がりました。年間保険料が14万円140円から8万3330円に軽減されたのです。

 保険料がぐんと下がるので、4月からの滞納分を上乗せも月々の支払いはかなり楽になりました。 

 私も区役所に出かけ、説明を聞くまでは、市独自の均等割2割減免に該当することには全く気づきませんでした。やはり市の職員は頼りになります。当然ですが詳しいです。 

 山口事務所ではいつでも相談に応じています。国保料の減免は一年中受け付けています。国保料が高すぎやしないか、と感じたみなさん、だめでもともと、ぜひ一度は相談においでください。Img_4171

« 2014年8月 | トップページ | 2014年10月 »