フォト
無料ブログはココログ

« 2013年8月 | トップページ | 2013年10月 »

2013年9月

2013年9月27日 (金)

いわゆるブラック企業問題の意見書も採択

27日、採択された意見書のうち日本共産党が提案し、修正のうえで全会一致となった「若者の使い捨て」が疑われる企業等への厳正な対処を求める意見書を紹介します。 

 「20130927ikennsyokyousann.pdf」をダウンロード 

ちなみに共産党提案の原案は「ikennsyogennann201309.pdf」をダウンロード

 

 

議員報酬と市長給与 制度値800万円に共産党は賛成

 27日の市会本会議、マスコミは、市長が提案した市長給与と議員報酬の800万円の「恒久化」条例が否決された、と報道しています。 

 日本共産党名古屋市議団はこの二つの条例に賛成しました。しかし、その理由は減税日本のみなさんとは全く違います。本会議では、田口一登議員が、日本共産党の立場をわかりやすく解明した賛成討論を行いました。「20130927taguchi_toron.pdf」をダウンロード

  恒久化という表現は正確ではありません。反対した自民・公明・民主・新生会はなぜ本会議で質疑もしなけば討論もしないのでしょうか?議論すべきですよ、堂々と。 

 どちらにせよ、議員や市長の800万円問題ばかり議論するのは一区切りつけましょう。もっと大事なことが山ほどあるのに、800万円が名古屋市政の最大の問題のように扱われることこそ問題です。 

 市長への予算要望の際にも。私は「報酬問題を使って、市民を味方にする、議会と対決する、というのは市長さんもうやめましょう。消費税や原発できっぱりした態度を示すことで市民の支持を広げたらいかがですか」と河村市長に申しあげました。

 

 

2013年9月26日 (木)

市長に120項目の予算要望を提出

  日本共産党名古屋市議団は9月26日、河村たかし名古屋市長に120項目の「2014年度予算編成にあたっての要望」を提出。私が要望のポイントについて説明しました。 

 いま何よりも市政に求められているのは、このような安倍政権の暴走から市民のくらしを守る防波堤となることです。

市民の所得を増やし地域経済の活性化させることが、くらしを守り、市の財政も好転させます。

原発事故は収束するどころか放射能汚染水のコントロールすらできていません。

地震や津波、集中豪雨など災害への備えも待ったなしです。

憲法改悪を許さず、市政の隅々まで日本国憲法を活かす努力も欠かせません。

そのために

   ① 新たな税金の浪費につながる大型事業を断念し

   ② 福祉・保育・教育・医療・介護の充実させ

  ③ 若者の雇用と中小企業の支援に市政の軸足を移し

  ④ 原発依存から抜け出し、福祉と防災、環境のまちづくりをすすめる 

以上の視点からまとめた重点要望です。しっかり検討してください。

S_2このように前置きして120項目の中での重点的な要望事項を説明しました。

 

市長はあいかわらず、でもかなり愚痴っぽかった。共産主義はいかん、と言うだけで何の根拠も意味もないフレーズの連発です。 

消費税増税止めよ!市長さんも一緒でしょ、と水を向けると「そらそうだけど総理にならないかんわな」「何言ってもきいてもらえんで」と愚痴モードも。

今日は市長さんの要望を聞くんじゃやなくて、私たちの要望を聞いてもらう日ですよ、と言いながら、市民の声、現場の声を市長に届けました。

 

 要望書の全文は「2014yosan_youbou.pdf」をダウンロードしてご覧ください。

 

 

 

 

 

 

 

2013年9月25日 (水)

9月4日および8月5日の集中豪雨被害状況

  開会中の9月議会、19日の都市消防委員会冒頭で、私は8月及び9月の集中豪雨について報告を求めると発言しました。今日25日、市内各区の被害状況が報告されました。

  時間雨量が60㎜でも耐えられるように、とさまざまな対策を立てていますが、はるかに超える時間雨量も記録されています。その資料も現在、要求しています。 

 道路冠水や床上浸水が繰り返し発生しているところも市内でいくつかありそうです。提出された一覧表に基づいて各地域でも対策を検討していきましょう。 

 上の表が8月5日、下の表が9月4日です。201385

201394_2

 

いわゆるブラック企業問題で意見書採択へ

 日本共産党市議団が原案を提出した「若者の『使い捨て』が疑われる企業等への厳正な対処を求める意見書」が、一部修正され、27日の本会議において全会一致で採択される見込みです。26日の議会運営委員会理事会で確認されました。

 同意見書は、「低賃金で法外な長時間・過密労働や苛酷な労働環境、パワーハラスメント、不当な退職強要、高い離職率など」、若者を「使い捨て」にする働かせ方をしていることが疑われる企業、いわゆるブラック企業にたいして、「厳格な指導を行うとともに、重大・悪質な違反が確認された企業等に対して実効性ある措置を講ずること」を求めています。

 また、「雇用問題の相談窓口をより一層拡充するなど若者への就労支援体制を強化すること」なども求めています。

   私たちは「ブラック企業への厳正な対処を求める意見書」として提案したのですが、「ブラック企業」という用語については抵抗を示す会派があったため、「若者の『使い捨て』が疑われる企業」という表現に修正されました。

 ブラック企業という用語は中日新聞や読売新聞の社説やNHKの番組にも登場し、厚生労働大臣もしゃべっているのに・・・。でもかえって目立つかな。結果的には、いわゆるブラック企業に関する意見書が採択、と話していくことになりますね。

 早期離職率の高い企業には企業名を公表するなどの厳しい対応を、という原案も一致できず。とくに抵抗を示したのは庶民の味方を名乗る人が率いる政党でした。

 政権与党の会派が抵抗するのはわかりますが、ほんとに情けない。庶民より企業の利益が優先なんですね、とあきれてしまいました。 

 ちなみに、政府に東電福島第一原発の汚染水対策に責任をもつよう求める意見書も提案したのですが、全会一致になりませんでした。これは悔しいし情けないと思いました。 

 全会一致のハードルは高いですが、粘り強くがんばります。意見書を多数決でなく全会一致で採択するのは名古屋市会の良き伝統だと私は思います。これは大切にしたい。

 

2013年9月24日 (火)

中小企業実態調査に名古屋市ついに着手

 名古屋市内の民主商工会の代表が24日、河村市長に初めて面会、直接要望を届けました。党市議団からは、わしの・田口・さはしの3議員が同席しました。

 

 Photo 愛知県商工団体連合会(民商)のみなさんの要望は小規模事業者の実態調査の実施です。

 この中で、市市民経済局の職員が今年度から500社を目標に、直接足を運んで実情を把握する取り組みを始めたことが明らかになりました。

 今年の2月議会、日本共産党のわしの議員の質問に、河村市長は「訪問調査をするよう指示する」と答弁しています。

 懇談に同席した一柳良直市民経済局産業部長は、「市長から指示があったので訪問調査を始めた。1社あたり1時間半から2時間かけて実情をうかがっている」と話していました。

 

 

 

 

 

 チャレンジ500という名で取り組みを始めたそうです。しかし独自の予算がついた新規事業ではないので、党市議団も全く知りませんでした。いいことやるなら教えてよね。

 懇談に参加した民商の会長さんなどからは、「家族経営の零細業者のところも訪問してほしい」という要望が出されていました。

この実態調査を次にどうつなげていくか、次の課題ではありますが、それにしても党市議団の長年の要求がようやく実りました。これは一歩前進です。

 

 

 しかし河村市長はこの日は、わしのやる減税になんで反対するんだ、いった発言をくりかえすばかりで、他人の話を聞かない市長(宮藤官九郎さんの感想)との評判を裏付ける市長の対応だったそうです。参加者からは、あきれたね、との感想がきこえていました。

2013年9月23日 (月)

金城埠頭を見る

 金城埠頭のレゴランド進出に伴う基盤整備について、市議会で論戦しています。民間大企業のテーマパークづくりのために、大がかりな公共事業が展開されようとしています。 

 上空を走る伊勢湾岸道の高さに迫るような巨大立体駐車場を名古屋市が建てます。 

 Img_1622_640x480
いま議会には歩行者デッキの設計予算が補正予算として提案されています。Img_1621_640x480

駅からはすでに歩道橋があるのですが、今度は駅の壁をぶち抜くことになります。

駐車場と駅をつなぐ歩行者デッキ、必要性、誰が負担すべき施設か、などよくぎろんしていきたいと思います。

金城埠頭には土日だけ、ガーデンふ頭と結ぶ定期航路が開かれています。試に乗ってみましたが、ほとんど貸切状態でした。いつまで続くかな・・・Img_1626_640x480

 でも海の上はやっぱり気持ちいい。観光というのなら港の風景を活かした開発を考えたいものです。

Img_1628_640x480

海上からみるトリトンやガーデンふ頭、行き交う船舶の姿はそれなりに絵になるのですが・・・

Img_1634_640x480Img_1644_640x480









 

第24回港区平和美術展

 港区平和美術展にいきました。第24回です。

9月21日、22日と港区役所講堂が会場です。Img_1649

私も開会式?であいさつする機会をいただきました。Img_1654


、「美術作品だけでなく三味線演奏もあり、文化祭のような美術展です、おしゃべりしながら鑑賞しましょう」と余計なことも言いながら、平和首長会議へ名古屋市がついに加盟申請したことを報告すると、大きな拍手をいただきました。

 絵や音楽を創造するセンスはありませんが、見たり聞いたりは大好きです。表現力を磨くのはまだまだですね。無理しない範囲でいろいろ挑戦したいとは思うのですが・・・

Img_1647



サンクスホースデイズ

今日9月23日 は名古屋競馬場でサンクスホースデイズというイベントがありました。馬に感謝する企画ということですが、馬はしっかり働いていました。ファン感謝祭ですね。

 存続か廃止かの瀬戸際の名古屋競馬。なかなか現地を見る機会がないので、スタンドまで行ってきました。馬とのふれあいを楽しむ家族連れはみんないい顔です。

 一方、場外馬券発売場はおじさんラッシュ、全然雰囲気が違います。ここの写真はとれません。やっぱりギャンブル場です。
 これからどうするか、しっかり考えたい。Img_1662_640x480


2013年9月17日 (火)

本会議で河村市長と論戦 平和首長会議ついに加盟

 9月11日、本会議で質問に立ちました。平和首長会議への加盟、いわゆる口利き防止条例の制定、70歳からの医療費助成、JR東海と名鉄の市内主要駅へのホームドア設置、の4点で質問しました。

 本会議でとりあげたのは三度目ですが、ついに平和首長会議に名古屋市も加盟するとの答弁。他の3点についても河村市長流のしゃべり方ですが、前向きな回答を得ることができました。

 いわゆる口利き防止条例では、自民党議員への公開質問状のやりとりも紹介しながら議会サイドの政治倫理条例の必要性も訴えました。

質問と答弁は「20130913honnkaigi.pdf」をダウンロード を参照してください。

2013年9月 4日 (水)

アメリカの軍艦が名古屋港に 厳しく抗議

 9月4日から7日までアメリカ海軍のイージス艦ヒギンズが名古屋港に入港。Img_1532

 3日にこの情報が明らかになったので党市議団としてすぐ抗議の申し入れを行いました。申し入れ文書は「20130903.pdf」をダウンロードImg_1539

 4日は現地で抗議行動を行いました。コンテナ船で込み合う鍋田ふ頭の対岸です。

 

« 2013年8月 | トップページ | 2013年10月 »