フォト
無料ブログはココログ

« 党港区後援会総会 大須演芸場でもりあがる | トップページ | 6月27日 財政福祉委員会は »

2012年6月26日 (火)

国保も介護も負担軽減を! 党議員の本会議質問から

 6月議会の本会議質問、日本共産党からは田口議員と岡田議員が質問に立ちました。田口市議は、来年に予定される国保料の算定方式見直しについて質問。

 国保料の所得割の算定方式が住民税方式から旧但し書き方式へと来年度に変更されます。何も対策を取らなければ、国保加入の4人家族で年収271万円(非課税)の世帯では保険料が17万6千円から32万1千円へと8割も値上げになるとの試算が明らかになり、田口市議は一般会計の投入も含めた恒久的な軽減措置を強く求めました。

 岡田市議は、県下自治体の53%にあたる29自治体が介護保険料の減免措置を設けていると紹介し、3割もの大幅な値上げをした名古屋市こそ低所得者の保険料減免制度をつくれ!と市長に要求しましたが、市長はのらりくらり話をはぐらかして拒否しました。

 詳しくは二人のブログと党市議団のホームページをご覧ください。

« 党港区後援会総会 大須演芸場でもりあがる | トップページ | 6月27日 財政福祉委員会は »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1627329/45902417

この記事へのトラックバック一覧です: 国保も介護も負担軽減を! 党議員の本会議質問から:

« 党港区後援会総会 大須演芸場でもりあがる | トップページ | 6月27日 財政福祉委員会は »