フォト
無料ブログはココログ

« 今日から6月議会 台風接近中 | トップページ | 港区地域環境審議会が河村市長に要望 高速道路の環境対策 »

2012年6月20日 (水)

戦争に関する資料調査会 収蔵資料展が始まりました

 愛知県と名古屋市がつくる戦争に関する資料調査会が主催する収蔵資料展が今年も開かれます。6月19日~7月16日 金山南ビル名古屋都市センター11階 入場無料。ぜひお出かけください。

 戦争に関する博物館をつくろう、というのは全会派の要望なのですが、財政難等を理由に実現していません。市民県民から寄せられた貴重な資料が眠ったままになっています。

 この資料展は、そういう品々などを展示するもの。あわせて戦争体験ビデオ「草の根の語りべたち」の上映も行います。資料や写真パネルは約120点ほどになるそうです。

 市や県の博物館づくりが遅々として進まないなか、市民の力でつくられたのが名東区にある「ピースあいち」です。戦争と平和を考える展示が充実しています。こちらもぜひ一度訪ねてみてください。市民の手作り博物館です。

 ややこしいのは、展示内容に関する政治的な介入が予想されること。南京事件などについてもきちんと展示できるかどうか、ピースあいちの展示について、河村市長がぶつぶつ言ってた、との情報もあります。侵略戦争を美化するような博物館ではしかたがない。

 そのあたりのことも考慮しながら、侵略戦争への反省を踏まえた歴史認識を持てるような戦争と平和の公的な博物館づくりに、粘り強く取り組んでいきたいと思います。

« 今日から6月議会 台風接近中 | トップページ | 港区地域環境審議会が河村市長に要望 高速道路の環境対策 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1627329/45726477

この記事へのトラックバック一覧です: 戦争に関する資料調査会 収蔵資料展が始まりました:

« 今日から6月議会 台風接近中 | トップページ | 港区地域環境審議会が河村市長に要望 高速道路の環境対策 »