フォト
無料ブログはココログ

« 戦争に関する資料調査会 収蔵資料展が始まりました | トップページ | 参加し激励を!場外舟券売場反対100人デモ 7月1日栄にて »

2012年6月21日 (木)

港区地域環境審議会が河村市長に要望 高速道路の環境対策

 地域環境審議会は、名古屋市の環境基本条例にもとづき、住民が環境行政に主体的に関わる場となっています。港区地域環境審議会は、住民からの申し立てにもとづき、いま延伸中の名古屋高速道路に関する環境問題をとりあげ、市長あてに要望書を提出しました。地域の声が行政を動かします。こういう仕組みを大切にしたいですね。

平成24618

名古屋市長 河村 たかし様

港区地域環境審議会

会長 中川 俊廣

高速4号東海線港区内供用開始に伴う環境対策について(要望)

 みだしのことについて、平成23年9月30日、当審議会に対して、別紙のとおり、「高速4号東海線の港区内供用開始にあたり約束どおり環境基準等を遵守すること」を求める申し立てがありました。

 高速4号東海線は、山王JCT~東海JCTに及ぶ高速道路ですが、平成22年9月4日に山王JCT~六番町間、平成23年11月19日に木場~東海JCT間が部分開通しました。

 調査審議申立書に基づき、平成24年2月21日、平成24年5月15日の2回にわたって港区地域環境審議会において調査審議した結果、沿線住民の生活環境改善のため、当審議会としても、環境対策を要望する必要があるとの決議を得ました。

 以上により、環境基本条例第31条第2項に基づき下記について要望します。

                 記

1  騒音、大気汚染の環境基準及び環境保全目標を守れるように環境対策を行うこと。騒音対策を行うにあたっては、交通量の増加によって騒音が開通前よりも悪化しないように努めること。

2  自動車交通による騒音、大気汚染を把握するため、高速4号東海線周辺で騒音、大気汚染の状況を監視し、その結果を公表すること。

3  中川小学校西側で、高速道路及び平面街路において、十分な高さの遮音壁の設置及び低騒音舗装の敷設を行うこと。

4  沿線の騒音を低減し、自動車利用から自転車利用への転換を促進するため、江川線3車線のうち1車線を自転車専用道路として整備することについて検討すること。

« 戦争に関する資料調査会 収蔵資料展が始まりました | トップページ | 参加し激励を!場外舟券売場反対100人デモ 7月1日栄にて »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1627329/45741450

この記事へのトラックバック一覧です: 港区地域環境審議会が河村市長に要望 高速道路の環境対策:

« 戦争に関する資料調査会 収蔵資料展が始まりました | トップページ | 参加し激励を!場外舟券売場反対100人デモ 7月1日栄にて »