フォト
無料ブログはココログ

« 反貧困ネットワークあいちの総会に行きました | トップページ | 南陽の自然に触れる »

2012年6月17日 (日)

あれから50年

「あれから50年 感謝のつどい」で来賓として挨拶させていただきました。あつた共同保育所から50年、社会福祉法人熱田福祉会創立35周年記念の集いです。

私は二人の娘をのぎく保育園に育てていただき、熱田福祉会の常任委員として数年間、保育園の運営に保護者の立場から参加させていただきました。ちょうど園長の代替わりの時期とも重なり、議論を重ねた日々をなつかしく思い出しました。

民間保育園でのこの経験は、議員になってからの公的保育を守る運動と論戦でもたいへん役に立ちました。名古屋の公立保育園に民営化の嵐が吹き始めたなか、精一杯の論戦と運動を展開できたと多少の自負があります。

則武保育園の廃園・民営化をめぐる運動では、公的保育を守る旗を高く掲げながら、市が手放した保育園を責任を持って引き受けようではないか、という熱田福祉会のみなさんの決断と粘り強い取り組み、父母と職員の理解と協力で、廃園そのものは阻止できなかったものの、けやきの木保育園を誕生させることができました。心から感謝を申し上げます。20120617cimg4892s

子どもたちの笑顔のために、そして待機児童解消、公的保育の拡充のために、これからも熱田福祉会のますますの健闘と発展をお祈りいたします。

子どもたちの発達と、仲間たちの成長と、社会の進歩に、科学的な確信をもって、これからもがんばりましょう。

« 反貧困ネットワークあいちの総会に行きました | トップページ | 南陽の自然に触れる »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1627329/45693404

この記事へのトラックバック一覧です: あれから50年:

« 反貧困ネットワークあいちの総会に行きました | トップページ | 南陽の自然に触れる »