フォト
無料ブログはココログ

« 薬物依存症家族会 愛知フォーラムであいさつ | トップページ | あきれた減税日本の議員たち »

2012年3月13日 (火)

委員会審議から

 2月議会、今週は連日、委員会審議です。
 私が所属する財政福祉委員会では、5%減税を含む予算の歳入案(財政局)をはじめ、守山市民病院の廃止条例案(病院局)、介護保険料の大幅値上げ案(健康福祉局)などが審議されています。
 それなりのボリュームの資料を読み説き、市民の声を当局に伝え、当局提案の問題点をただし、党としての対案を提示する、こう書くと簡単そうですが、なかなかしんどい仕事です。
 そして審議を踏まえて党市議団として予算の組み替え案をまとめ、提案します。
 国政でも市政でも、批判だけでなくきちんと対案を示すことにこそ党の値打ちがあります。がんばるぞ!

 と意気込んでいると、今日13日は朝から委員会が空転しています。減税日本ナゴヤの金城議員の薬事法違反に関する件で、減税の某議員が、自民党のしわざだ、と団会議で言ったとか、言わないとかで、もめており、審議が始まりません。きちんとしなければいけない問題ですが、すべての委員会をストップさせていいのでしょうか。緊張感がとぎれると審議もおざなりになりがちで、結局は当局を利するだけ、行政をチェックする議会の機能を後退させてしまいます。さて、今後の審議はどうなることやら・・・

 委員会審議の中身を書こうと思っていたのに・・・・・・・・

« 薬物依存症家族会 愛知フォーラムであいさつ | トップページ | あきれた減税日本の議員たち »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1627329/44475664

この記事へのトラックバック一覧です: 委員会審議から:

« 薬物依存症家族会 愛知フォーラムであいさつ | トップページ | あきれた減税日本の議員たち »